axerでは、様々な部署にまたがる商品情報を1つにまとめ、内定化することで、データを使いやすく、簡単に検索することが可能なPIMシステムを提供しています。
商品のデータ管理は非常に大変で、更新や、変更などがあると、その都度データを変えなければいけませんし、部署にまたがって情報が拡散している事が多く、そのデータを1つにまとめ、カタログを作成したり、ECサイトへの商品情報を掲載するのは大変な作業になってしまいます。ですが、axerを利用することで、クラウド上に商品のデータを1つにまとめ、管理しやすくすることが可能となっています。
axerを導入する場合、まずは、商品のデータを全て、大伸社ディライトへ送り、データベースへ移行してもらいます。axerを作成している企業は、カタログ作成を主に行っている企業ですから、データをまとめるのを得意としており、仕分けや整理をなんなくスムーズに行うことが可能となっており、安心して委託することが可能となっています。
大伸社ディライトにより、移行されたデータは、非常に見やすく、管理しやすくなっていますから、管理画面フォーマットから必要な部分の修正や検索、更新も手間なく簡単に行うことが出来るようになっています。
axerを利用することで、データ化された情報を他部署で共有することが可能となりますから、更新の都度、最新情報として掲載され、変更も随時反映されていきますから、どの部署でも最新の情報を利用することが可能となります。

axerとは

axerでは、商品管理を一元管理することができるPIMシステムを提供しています。
axerを導入することで、商品管理をスムーズに行うことが出来るようになり、開発から販売までのサイクルを短くすることが可能となります。販促を行う時に必要な情報を、部署ごとに収集する必要がなくなりますから、広報や宣伝を行う担当者の負担を大幅に減らすことが可能となるのです。
axerは、必要な機能だけを契約し、その分だけ費用を支払えば良い料金体制となっているため、企業に合わせたコストで導入することができ、抵コストでの導入も可能となっています。その他、セキュリティ対策にも力を入れており、データはクラウドで管理されているため、いつでも最新のシステムに守られています。権限設定を利用し、axerを利用できる社員を限定したり、アクセス履歴のチェックを行うことも可能となっていますから、誰がどのように商品データを利用したのかをいつでも確認することができ、安全な環境の下、利用することが可能となっています。

axerの特徴

axerは、シンプルな機能のみとなっているため、他社のPIMに比べ、低価格で導入することができるという特徴があります。
その他にも、販促に必要となるデータ収集に特化したシステムであるという特徴もあります。axerを利用することで、カタログ制作やECサイトで必要となる商品情報を即座に把握することができるのです。
誰にでも利用しやすいインターフェースとなっていますから、直感的に操作することができ、迷わずに利用することができるというのもaxerの特徴であると言えるでしょう。

axerの機能のご紹介

・データ管理
画像、製品情報、特徴画像などの管理が可能。jpgやpngに対応。
データ一括メンテナンスが可能。
・データ入力
テキストのデータ変換が可能。
ファイルをインポートして取り込み可能。
・データ出力
テキストのエクスポートが可能。
画像ファイルを収集可能。
テキストデータの変換が可能。
カタログやチラシ、会社案内などの作成に利用可能。
Webサイトやデジタルカタログ、業務アプリに活用可能。
スマホやアプリ、SNSなどにデータを利用可能。
・データ管理
・利用者への通知機能

他社システムとの連携により、在庫管理や分析、見積もりなどを作成可能。

axerの詳細な利用料金

・初期費用75万円
・月額料金7,300円

axerの導入時のサポート

axerでは、導入までの設定全てを大伸社ディライトが行いますから、企業側には負担なく導入することが可能となっています。
導入前にはコンサルを行い、どのような機能が必要となるのかを検討し、必要な機能だけを開発し、その後、運用という形になります。運用は教習や運用フォローまでを行いますから、利用方法がわからない、設定ができないという事なく、スムーズに導入することが可能です。
お問い合わせは専用フォーム、もしくは電話からお問い合わせください。
・電話番号06-6976-7753で受け付けています。
〇導入実績
記載なし

メディア掲載

・マーケティングバンク

会社概要

会社名 株式会社 大伸社
住所 大阪府大阪市中央区難波5丁目1−60 なんばスカイオ17F

代表取締役 池田 孝二
設立 1952年(昭和27年) 3月10日
資本金 1億