基幹システムの悩みどころといえば、アウトプットのメディアです。
近年は電子化が進んでいますが、帳票はFAX送信がいいという要望が未だ多く、業務からは切っても切り離せないのが現状です。

FAX自動帳票サービス AUTO帳票は、インターネット環境により利用することができる、クラウドタイプの帳票FAX配信システムです。
クラウド型ですので電話回線や機器の準備の必要はなく、安全に簡単に確実なFAX送信ができます。

FAX自動帳票サービス AUTO帳票とは

イメージファイルやテキストファイルなどを、メールやFTPなどを経由してアップロードすることで、指定した宛先へとFAX送信することができます。
基幹系のシステムとの連携ができるので、大規模開発は一切必要ありません。
20年以上ものノウハウをぎっしり詰め込んだASP型のFAX自動配信であり、帳票のFAX送信を効率化へとみちびいてコストダウンを実現します。
帳票データ形式や内容、連携システムに合わせた2つのタイプから、お好きなサービスを選択して使うことができます。

FAX自動帳票サービス AUTO帳票の特徴

FAX自動帳票サービス AUTO帳票の3つの特徴を、ご紹介します。

・インターネット接続にて端末より操作可能
インターネットFAXであり、インターネットに接続可能な環境であれば、どのような環境からでもご利用ができます。
室内でも出先であっても、インターネットさえつながれば使うことができます。

・初期費用無料と接続方式の選択
サービス利用の際の初期費用は、無料となっています。
接続方法は、Web-APIやFTP、SMTPなど豊富な方法があります。
そのため、運用にピッタリの接続方法を選択することができます。

・導入実績が豊富
導入実績が大変豊富であり、大手メーカーのERPや専用のシステムまで、様々なシステムとの連携実績があります。
インターフェースは導入しやすいものを提供しているので、システム改修の際の期間や票の圧縮へとみちびくことができます。

FAX自動帳票サービス AUTO帳票の様々な機能のご紹介

・送信
送信対応ファイル形式拡張やリスト送信機能など、様々な送信機能が搭載されています。
ファイルより帳票を自動生成
今まで使われている帳票のレイアウトは、そのまま再現して使い続けることができます。
送信に使いたい帳票レイアウトを登録してテキストファイルにアップすることで、帳票を自動生成することができます。
登録をする帳票には、グラフや画像などの挿入も行うことができます。

・入力形式
入力形式は2つあり、CVS形式データを使うAUTO帳票Customと、イメージファイルを使うAUTO帳票Directの2種類があります。
貴社の運用のヒアリングによって、適切な方を提案してもらえます。

・通知機能
メール通知やFAX通知の設定を、行うことができます。
受付通知やエラー通知、不達通知など、様々な便利な通知機能満載です。

・取引先別の自動送信
取引先別にメールやFAXにて、取引眼目志津江に別に自動配信することができます。
あらかじめ取引先別に設定した上で自動配信することができるので、手間いらずでFAXやメール配信とすることができます。

・管理Web
FAX配信履歴照会や再送信指示、総信結果ダウンロード、履歴メモ昨日など、様々な管理Webがあります。

・イメージ連携
ワードやエクセル、PDF、JPEGなど、様々なイメージ連携ができます。

・テキスト連携
帳票の作成やフォントの対応、グラフ表示など、様々なテキスト連携をすることができます。

・MOVFAXとの連携
MOXFAXと連携することによって、社内業務完全ペーパーレス化とすることができます。

・素早いFAX速度
FAX速度は5,000件/時であり、従来のFAXシステムと比べると高速な送信環境とすることができます。
そのため、FAX送信の際の不具合や送信速度の低さのストレスなどが発生する心配はありません。

・総信出来なかった相手への再送信可能
送信した日から65日間、再送信することができます。
送信先を変更した後の再送信も、Web管理画面にて行うことができます。

・送信予約
1分単位にて、30日後まで対応することができます。

・安全性と信頼性
ASP・SaaS「安全・信頼性情報開示認定」の取得をしており、高い安全性と信頼性がある安心のサービスとなっています。

この他にも、便利で効率的なサービスや機能が満載です。

FAX自動帳票サービス AUTO帳票のご利用料金

お問い合わせとなり、メールやFAXの送信の枚数にて決定する従量課金です。
内容やボリュームによりディスカウントできる場合もあるので、ご相談ください。

FAX自動帳票サービス AUTO帳票の導入時のサポート

ホームページ内に、導入までの流れの記載があります。
お問い合わせ体制もしっかりしているので、わからない場合はお問い合わせすることができます。

〇導入実績

記載なし

メディア掲載

記載なし

会社概要

会社名 日本テレネット株式会社
住所 〒604-8171 京都市中京区烏丸通り御池下る 井門明治安田生命ビル 8F

代表取締役 会長 瀧 栄治郎
設立 1985年11月19日
資本金 420百万円