ALLGANIZEでは、AIを活用して、自然言語を自動で処理することが可能なチャットボットの作成や、業務状況を可視化することができる資産知識の情報臭が可能となっています。
アメリカを本拠地とし、アメリカや日本、韓国など様々な国で活用されており、日本では、Allganize JAPAN株式会社も設立されていますから、日本語でのサポートを受けることが可能です。AIチャットボットの作成や、Q&Aによる自動応対、機械読解や固有表現抽出、サマライズやレビュー解析、感情解析、テキスト分類と様々なシーンで活用することが可能となっており、AIを導入することで、企業での課題を明確にしながら、効率よく業務を進めていくことが可能となりますし、事業拡大をサポートすることが可能となり、企業価値のアップへとつなげる事も可能です。
企業に合わせて様々な活用方法がありますが、無限に活用することが可能となっており、グローバル展開を視野に入れている企業にもおすすめです。
サポート体制も非常に充実しており、導入前のヒアリングから、導入サポート、そして導入後のフォローまでトータルして日本支社でのサポートを行っていますから、専門的な知識を持った社員がいなくても、スムーズに導入することが可能となっています。

ALLGANIZEとは

ALLGANIZEでは、自然言語処理により、AIによる自動対応を行ったり、テキストを自動でデータ化し、レポーティングを行ったり、資産知識を自動で集計及び分析する事が可能なシステムとなっています。
顧客からの問い合わせに対して、自動で応対することが可能となりますから、オペレーターへとつなぐ件数を減らし、業務効率をアップさせることができるようになりますし、人事システムとの連携により、社員の有休日数を確認したり、手当など各種申請を自動で対応したりすることも可能となります。
導入により、人件費の20%をカットすることが可能となっており、顧客からの問い合わせはFAQを利用して素早く返答することが可能となりますから、顧客満足度のアップへとつなげる事も可能となっています。
ALLGANIZEを活用したチャットボットの一例としては、最小限のデータを入力しておくだけで、顧客からの質問に対して、素早く返答することが可能なシステムを構築したり、発電所の運営ログを記録し、自動でレポーティングを行う事が出来るAIスマートサーチとして活用したりすることも可能となっています。
その他、レポート作成を自動化にて進めることで、レポートの作成が重複してしまうのを防ぎ、営業部門とマーケティング部門とで、効率よくレポートを活用する事も可能ですし、社内外の情報収集を素早く行い、新規企画立案を進める時には、資産知識を活用し、分析しながら進めていくことも可能となっています。
初めてAI導入を検討している企業におすすめとなっており、非常に見やすく、直感的に操作することが可能なダッシュボードにより、誰にでも利用することが可能なシステムとして、金融業や保険業などでも幅広く活用されています。

ALLGANIZEの特徴

ALLGANIZEの特徴としては、チャットボットの作成だけではなく、資産知識をデータ化し、可視化することが可能であるという点です。様々なプラットフォームにまたがる情報も素早く集計し、可視化することが可能となっています。
これらの情報をAIが自動で分析することが可能となっており、企業に最適なタイミングで情報を提示してもらう事が可能となっています。
その他、自然言語処理が可能となっていますから、顧客が自由にテキストを入力したとしても、AIによる内容の判別が可能となっており、素早く必要な情報を表示することができるという特徴もあります。

ALLGANIZEの機能のご紹介

・ダッシュボード
情報の活用が可能。
集計したデータをグラフでリアルタイムに表示し、知識資産として活用することができます。
・AIリアルレコメンド
問い合わせに対してAIが自動で判断して返答可能。
カスタマーサポートや人事での問い合わせ、サイトでの自動応対など様々なシーンで活用可能。
資産知識を分析し、企業にとって必要な情報を必要な時にレコメンドで表示可能。
社内の情報だけではなく、社外の情報を全て統合し、関連情報をレコメンドで表示できます。

ALLGANIZEの詳細な利用料金

無料トライアルを用意しています。
価格は個別見積もりとなります。
詳しくはお問い合わせください。

ALLGANIZEの導入時のサポート

導入前後はトータルでサポートを行っています。
お問い合わせは専用フォームにて受け付けています。
〇導入実績
記載なし

メディア掲載

・exciteニュース
・産経新聞
・ニコニコニュース

会社概要

会社名 Allganize
住所 アメリカ合衆国サンフランシスコ
代表取締役 Changsu Lee
設立 2017年
資本金 記載なし