ABEJA Platformは、プログラミングを必要とせずに、デバイス内にAIを組み込むことが可能なシステムとなっています。導入により、オペレーション業務のコストを約半分にまで削減することが可能となっており、人の手で行うよりも正確な数値を入力、管理することが可能となります。予測判断などもAIが行いますから、より高精度な情報を業務に活用することが可能となります。AIであれば、人では対応できなかったような労力がかかる業務もスピーディーにこなすことが可能となりますから、今まで取り組むことができなかったようなビッグデータを取り扱う業務や、大容量データの管理等もスムーズに行うことが可能となり、業務改革へとつなげることが出来るようになるのです。
ABEJA Platformであれば、専門のエンジニアが社内に存在しなくても、スムーズな導入が可能です。そのため、いつでも誰にでもAIを活用することが可能となっており、徐々にAIの学習制度を高めていくことが可能となります、使えば使うほど、制度を高めることが可能となっていますから、費用対効果も得やすくなっています。
業種縛りなく、様々な企業で活用することが可能となっており、製造業、金融業、物流や小売業、医療関係やIT企業など、企業に合わせて最適なAIを活用することが可能です。

ABEJA Platformとは

ABEJA Platformでは、モデル学習、運用、再学習といった流れを全てAIにより、ビジネスへ活用することが可能となっています。
クラウド型、オンプレミス型、どちらでも導入可能となっており、企業に合わせてセレクトすることが可能です。正確な情報の収集や、分析を行うことで、業務を予測立てし、効率よく業務を進める事が可能となっています。
様々なシステムとの連携により、様々な業務を自動化することが可能となっており、ソースコードのバージョン管理や、ハイパーパラメーターの管理等も自動で行うことができます。教師データとなる情報を設定するだけで、即座にAIを開発することができますから、手間なく簡単にAIを活用することが可能となっており、サーバーへの負荷を考えたり、セキュリティについて配慮しながら業務を進めたりする事も可能となっていますから、いつでも安心、安全な環境下でシステムを活用することが可能となっています。その他、ログの監視や、バージョンアップなどもAIにお任せ可能となりますし、IPアドレスを活用した、制限をかける事も可能となっており、これらの権限設定を利用して、プロジェクトに共有範囲を定める事も可能となっています。

ABEJA Platformの特徴

ABEJA Platformの特徴としては、AIを活用し、業務を効率よく進める事が出来るようになるという点です。予測立てや分析を行ったり、バージョン管理や、サーバーへの負荷を分散したり、異常を検知したりと、様々な業務に活用することができるのです。
企業に合わせて様々な業務に活用することが可能となっていますから、荷物のカウントを自動で行う事も出来ますし、商品の画像を分類、仕分け、在庫管理、与信の自動審査や金融商品の短期予測、記事の分類や在庫最適化等にも活用することが可能となっています。需要の予測も可能となっていますから、経営計画を立てるためにも活用することが可能となっており、正確で信頼できるAIとして、様々な業務を効率よく進める事が可能となっています。

ABEJA Platformの機能のご紹介

・アノテーション
教師データを作成、管理可能。
即座に反映可能。
・前処理
SDKやAPI連携により、外部システムと連携をし、システム内に組み込むことができます。
・学習
教師データやソースコード、ハイパーパラメーターの管理が可能。
教師データは、テンプレートを活用することで、簡単に作成できます。
・デプロイ
アクセス負荷を分散可能。セキュリティに配慮可能。
学習モデルや連携している外部システムの管理、バージョンアップ、メトリクス及びログの管理が可能。
・セキュリティ
IPアドレスに制限をかけることができます。
権限設定が可能。プロジェクトごとに情報を共有できるように設定可能。

ABEJA Platformの詳細な利用料金

価格は個別見積もりとなります。
詳しくはお問い合わせください。

ABEJA Platformの導入時のサポート

エンタープライズ向けのトレーニング、サポートを用意しています。
AIを導入するまでの流れを学習することで、スムーズな導入が可能となります。
お問い合わせや資料のダウンロードは専用フォームにて受け付けています。
〇導入実績
・みずほ銀行
・メルカリ
・デンソー

メディア掲載

・クラウドウォッチ
・IoTNEWS
・prtimes

会社概要

会社名 株式会社ABEJA
住所 東京都港区白金一丁目17番3号 NBFプラチナタワー

代表取締役 岡田 陽介
設立 2012年9月10日
資本金 記載なし