ABBYY FlexiCaptureでは、OCR機能を利用して書類を読み取り、そして必要となるフォルダに分類し、格納するといった一連の流れを自動化することができるシステムです。
導入により、業務を効率よく進める事が可能となりますし、社員がデータ入力を行う時と比べ、ミスを減らし、業務スピードをアップさせることが可能となります。その他にも、データ化した後のチェックも社員が行う必要がありませんから、社員の負担を減らし、コスト削減にも役立つシステムとなっています。
紙書類の場合、紛失の危険がありますし、書類が多くなればなるほど、管理が大変になってしまいます。ですが、ABBYY FlexiCaptureの場合、全ての書類をデータ化することで、必要な情報をすぐに探し出すことが出来るようになりますし、入力ミスを防ぐことで、顧客満足度を高め、企業価値をアップさせることが出来るようになるのです。

ABBYY FlexiCaptureとは


ABBYY FlexiCaptureでは、必要な書類を分類しながらデータ化することが可能となっています。
従来のOCRの場合、書類を分類したり、座標を指定した上でデータを読み込まなければいけない物が多かったのですが、ABBYY FlexiCaptureの場合、書類を自動的に分類、仕分けする機能が搭載となっているため、ただ書類を読み込ませれば、後は自動で分類したデータを補正し、修正しながら、的確な情報としてデータ化することが可能となります。
様々なシステムやアプリとも連携することができるため、仕分けした書類は必要な場所に格納することができますし、自動でデータ化する作業は、ワンストップで行うことができるため、誰にでも利用することができ、業務の中で便利に活用することが可能となります。

ABBYY FlexiCaptureの特徴

ABBYY FlexiCaptureの特徴としては、どんな紙書類にも対応していますから、定型書類だけではなく、座標指定がない非定型書類にも活用できるという点や、AIを搭載しているシステムとなっているため、使う度に学習し、自動分類をより高い精度で行うことが出来るという点などがあげられます。
その他にも、紙書類の読み取りは、スキャナだけではなく、携帯やメール、複合機などにも対応しており、簡単にABBYY FlexiCaptureへ書類を転送することが出来るという特徴もありますし、検索機能がついていますから、必要な情報をすぐに探し出すことが出来るという点もABBYY FlexiCaptureの特徴となっています。

ABBYY FlexiCaptureの機能一覧

・スキャン、入力
スキャナや複合機、アプリから取り込んだ画像をABBYY FlexiCaptureに取り込みます。
・認識、仕分け
決められた定型書類だけではなく様々な書式や書類を分類し、文書の組み立てまで行うことが可能です。
・検証、修正
データとして取り込んだ内容を人の手でチェックし、修正することが可能です。読み取りデータと元の画像を同じ画面に並べて比較しながらチェックできます。
・出力、連携
個別指定したフォーマットに合わせてエクスポートが可能です。
・アーカイブ、管理
データ化された書類は編集可能です。機密データとして権限をつけたり、最適な形式で保存することが出来ます。
管理者は、稼働状況やレポート作成などが可能となります。
・カスタマイズ
企業に合わせてシナリオのカスタマイズや拡張が可能です。

ABBYY FlexiCaptureと連携できるサービス

システムアプリやAPI連携など、様々なシステムとの連携が可能となります。

ABBYY FlexiCaptureの価格

価格は個別問い合わせとなりますので詳しくはお問い合わせください。

ABBYY FlexiCaptureの導入サポート

ホームページからFAQを利用して問題解決をする事が可能です。
FAQで解決しない疑問や、資料請求などのお問い合わせは専用フォームからとなります。

導入サポート企業

・マクドナルド
・Deloitte
・YUM
・Pepsico

導入実績

・マクドナルド
クーポンの読み取りを行い、顧客に利用しやすいようにアプリに適用しました。
顧客が必要となるクーポンを瞬時に読み取ることができるため非常に便利に活用しています。
・Deloitte
PDFやJPEGなどのデータも認識させることができ、検索する事もできるため社員の負担を大幅に減らすことが出来ました。大量のデータでも簡単に、そしてスピーディーに処理することができるため助かっています。
・YUM
形式が異なる請求書を大量にデータ化するために導入しました。
今までの手作業に比べ、データ化できる書類の枚数が4倍に増え、社員の労働時間を大幅に減らすことに成功しました。
・Pepsico
請求書をデータ化するために導入しました。手入力に比べてミスが発生しにくく、処理時間を大幅に減らすことに成功しました。社員の負担も少なくなり、非常に効率よく業務を進める事ができるようになりました。

ABBYY FlexiCaptureのメディア掲載

・AI OCR NEWSにて紹介
・PRWireにて紹介
・クラウド Watchにて掲載

会社概要

社名  ABBYYジャパン株式会社
取締役  Sergey Andreyev
住所  神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-14 WISE NEXT 新横浜3階

電話番号  045-285-9371