業務自動化JPとは

最近になって、頻繁に耳にするRPAという言葉はご存知でしょうか。
RPAは「ロボティック・プロセス・オートメーション」の略で、その名前の通り、人の代わりにロボットが多くの業務を担ってくれるシステムのこと。
このような話と聞くと、次のような印象を持つ方も多いでしょう。
「大企業でしか必要とされていないから、我が社には関係ない」
「うちの業務は特殊だから導入はむずかしいだろう」
たしかにそんな先進的なシステムとなると、だれもが懐疑的になるものです。
ですが本当にそうなのでしょうか。
現在ではあらゆる業界で、慢性的な人手不足や生産性の低下の解決が課題となっています。
そのひとつの可能性がRPAであり、中小企業ほど活用するべきシステムなのです。
きっと多くの疑問があると思いますが、まずはこの記事を読み、RPAの基本的な内容をかんたんに知ってください。

業務自動化JPが選ばれる3つの理由

  • 探せる

    ツール選定後に、もっと良いツールと出会ったといった後悔はありませんか?選定後に自社にもっとあうツールに出会ったとき、正直困りますよね。

    業務自動化JPでは、毎日最新のツールの情報を収集し、ぬけがないようになるだけ多くのツールを掲載しています。それによって、ツール選定時に致命的なぬけ漏れを防ぎ、スムーズな比較検討が可能になります。ツールは使わなければ意味がありません。そのため、価格だけではなく、サポート体制や他ツールとの連携などから探すことが大変重要と考えます。

  • 聞ける

    ある程度ツールは選択できたけど、担当の営業マンは良いことしか言わないから選びようがないといった経験はありませんか?

    業務自動化JPでは、マルチベンダーを扱う独立系の立場からカスタマーサクセスを優先して、最も良いツールを選択していただくべく、おススメをご提案させていただきます。また、自社の課題について、どのITツールが良いのかさっぱりわからない!という場合にも対応いたしますので、まずはお問い合わせください。業務改善にあたり優先順位が重要と考えております。そこの部分のヒアリングからさせていただきます。

  • 使える

    ツールを購入したものの、最初の導入後だんだん使われなくなり社内で放置されているツールはありませんか?ツールを導入したもの、担当者が辞めてしまったり、ツール連携の部分がうまくいっていないことから、自動化ないし半自動化になっておらす、その結果、現場の負荷が増えてしまっているケースはとても多く見受けられます。

    業務自動化JPでは、ツール単体ではなく業務を連携させるにはどのようにツールを使えばよいのかといった相談や社内のリソースを割かずに、運用チームとしてまるっとアウトソーシングで対応することが可能です。ツールの連携で、この部分さえ解決すれば自動化できるといったご相談もお受けしておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

今すぐ無料で業務自動化JPに掲載しませんか?

お問い合わせ・お見積り、その他ご質問等は下記フォームより承ります。
内容を確認後、弊社担当より個別にご連絡いたします。

お問い合わせ・お見積りフォーム

お電話でのお問い合わせ
03-6265-9581
(受付時間 10:00〜18:00)

業務自動化JPの人気資料ダウンロード

今!たくさんの企業様にダウンロードされている資料一覧です。

NEW ARTICLE新着記事

CATEGORYカテゴリー